忍者ブログ
2018年 09月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
09/23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思わずニヤリとしてしまった。

しゃべる案山子も、死神も出てこない。

(多分)一般的な(?)、(おそらく)日常的な話だ。
 

画像
伊坂 幸太郎
講談社 2007/05/15
文庫 ( 4062757249 )
[ 価格 ] ¥620
[ 中古 ] ¥126

満足度 : ★★★★☆

出版社/著者からの内容紹介
こういう奇跡もあるんじゃないか?
まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。
吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第1作!
短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。
伊坂幸太郎

毎度おなじみの仙台が舞台。

やっと両手を越える程の回数しか訪れてないが、
「あれ?この場面はあそこじゃね?」
と、想像できてしまう描写がそそられる。

こう言っては何だが、とんでもなく派手な内容ではない。

ただ、若干、一名が騒いでいるだけなんだが、
とにかく顔がニヤける。

重くなく、しかし、軽くもないテーマが読み手に負担を与えない。


中には以下の作品が収録されているが

・バンク
・チルドレン
・レトリーバー
・チルドレン2
・イン

なぜ本のタイトルが「チルドレン」なのだろうか。

確かに、主人公というべき「陣内」のキーワードは「チルドレン」

しかし、それならば「バンク」と「レトリーバー」も掘り下げて欲しい。
導入部と、コーヒーブレイクの為の短編なのか?
いや、逆にそんな扱いでは勿体無い。

サクサク読めてしまう分、考えてしまう。


ここまで魅力的に描かれている陣内だが
実際の人物がいたら、恐らく気が合わないだろう。
「友人の友人の知り合い」あたりがベスト
だな。

「ドン引き → シカト → 帰る」のコンボ。間違いない



読みながら「面白い」思った理由を考えると

「作品の登場人物たちが被害を被ってるのが面白い」
うへへ、最低だなw



そいや、この作品もドラマ化されてんのか。
ってか、この人の作品で映像化されてないほうが少ないのか?
すげぇな。

ドラマW CHiLDREN|WOWOW ONLINE
 http://www.wowow.co.jp/dramaw/children/
 [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [26]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR