忍者ブログ
2018年 01月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
01/17

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

非常に面白かった。

友人が薦めてくれた一冊。
ジャンルはSF(ロボット・AI)。


無駄の無いデジタル思考ではあるが、
どこか優しさを感じさせるAI

人間の尊厳に固執しつづける攻撃的な人類の対比が素晴らしい。

メインのストーリーの中に、
7つの短編
(物語の中の物語とでもいうのか?)が、
織り込まれている。

画像
山本 弘
角川グループパブリッシング
文庫 ( 404460116X )
[ 価格 ] ¥860
[ 中古 ] -

満足度 : ★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
人類が衰退し、マシンが君臨する未来。食糧を盗んで逃げる途中、僕は美しい女性型アンドロイドと出会う。戦いの末に捕えられた僕に、アイビスと名乗るそのアンドロイドは、ロボットや人工知能を題材にした6つの物語を、毎日読んで聞かせた。アイビスの真意は何か?なぜマシンは地球を支配するのか?彼女が語る7番目の物語に、僕の知らなかった真実は隠されていた―機械とヒトの新たな関係を描く、未来の千夜一夜物語。

押し付けられるように手渡されて読んだ。
読み始めは「これ、ラノベか?」と思ったのだが、
それは大きな誤算であった。
深く、重く、思う存分SFを堪能できる作品だ。

AIといえば、次の映画のような作品が思い起こされるが、
それとは似て非なるもの、なんとも味わい深いストーリーだ。

画像
ハーレイ・ジョエル
・オスメント

ワーナー・ホーム・ビデオ
リージョン2 ( B00007HS8O )
[ 価格 ] ¥ 1,575
[ 中古 ] ¥66

内容紹介
スピルバーグが贈る愛と感動のSF超大作 構想から20年。キューブリックの遺志はスピルバーグへと引き継がれた。
デイビットは11歳 体重27キロ 身長137センチ 髪の色、ブラウン その愛は真実なのに その存在は、偽り "愛"をインプットされて生まれてきたA.I.(人工知能)の少年の、数千年にわたる壮大な旅を描いた物語。
近未来-ついに"愛"をインプットされた少年型ロボット、デイビットが誕生する。 彼を試験的に養子に迎えたスウィントン夫妻は、愛情深いデイビットをいつしか本当の子供のように思い始める。しかし、不治の病に冒されていた実子が奇跡的に回復したことで、デイビットは居場所を失ってしまう。母モニカに愛されたいデイビットは、人間になる方法を求めて旅に出る…。

画像
アレックス・プロヤス
20世紀フォックス・ホーム
・エンターテイメント・ジャパン
リージョン2 ( B0006NKDCQ )
[ 価格 ] ¥2,940
[ 中古 ] ¥1

内容紹介
2035年のシカゴ。ロボットは人間の日常生活に欠かせない存在となっており、人間とロボットの共存は、3原則によって守られていた。
一. ロボットは、人間に危害を加えてはならない。
一. ロボットは、人間から与えられた命令に服従しなければならない。
一. ロボットは、前掲第一条及び第二条に反する恐れのない限り、自己を守らなければならない。
ある日、ロボット開発の権威である科学者が謎の死を遂げる。その死にロボットの関与を疑ったスプーナー刑事は、ロボット心理学者カルヴィン博士の協力のもと、その謎を究明していく。そして、想像を絶する恐ろしくも巨大な陰謀に巻き込まれていくのであった……。

▼ストーリーとは関係ないがヴァーチャル世界が似ている
画像
アトラス
アトラス 1999/04/08
Video Game ( B000069TKS )
[ 価格 ] ¥7,140
[ 中古 ] ¥990

 

ロボット(AI)の会話や感情表現が、とにかく面白い。
AI達の会話の中で使用される慣用句の元ネタが分かると、より一層楽しめるのかもしれない。

AI同士の意思疎通は人間には理解不能のコードで良さそうなものなのだが、高次元の比喩や、虚数、略語を用いてはいるが律儀にも人語を使用しているのがいじらしい。

略語においては、オンラインゲームで外国人と会話をしていれば分かるものが多かったように思う。
(ゲームでなくとも英語でメールやチャットしてる人でも分かるだろうな。)
いやはや、読んでいて楽しい楽しい。


肝心のストーリーは、非常に考えさせられる内容だ。
主人公ともいえるアイビスが伝えたい事がズシンと胸にくる
  • 無機質な中にある暖かさ
  • 憂いを含んだ無機質
  • デジタルで高尚な感情(感情なのか?)

読み終えると、心がジンワリと温かくなる素晴らしい作品だ。
(゚Д゚)b
 [1]  [2]
home next
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR