忍者ブログ
2018年 06月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
06/18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読書の秋だっつーのに、読書メモがサッパリ滞ってしまっている。

というか、ろくに更新もされていないこのブログ。
うんこクオリティ!
      人
    (__)
  \(__)/ ウンコー!
   ( ・∀・ )


そんなウンコすらも浄化してしまうのが、この一冊。

あれ?これ夏のクソ暑い時期に読んだ記憶が…。

更に、他に読んだ本が忘却の彼方に追いやられていっちまう。
再読せんといかんかもしれねぇ。イケネェ。


画像
浅羽 莢子
東京創元社 1989/08
文庫 ( 4488547028 )
[ 価格 ] ¥882
[ 中古 ] ¥1

満足度 : ★★★★★

出版社/著者からの内容紹介
あたしはとっても幸せ。この世でいちばんすてきな旦那さまがいるし、おなかには赤ちゃんだって。でも最近、変な連続夢を見始めた。ロンデュア、これが夢の世界の名前。あたしとあたしの息子のペプシ(!?)は、五本の月の骨を探すためにその世界に帰ってきたのだ。やがて夢が現実に、そして現実が夢に少しずつ忍びこみはじめたとき……!


流石だ!
ジョナサン・キャロル!素晴らしい!


面白すぎて、読み終えてすぐに再読してしまった。


主人公のカレン現実世界夢の世界が交互に描かれている。
その両方の世界が、詳細かつ色鮮やかに目の前に広がっていくのが分かる。

いや、分かるなんてもんじゃない。
鮮烈に強制的に映し出されるのだ。

なんなんだ!この本は!?
目の前にあるのは、活字が書かれた文庫本にすぎない。
しかし、その文字が瞬間的に映像に変換されてしまう



まず、冒頭で語られるショッキングな事件
ここで、もうググーーーーっと物語の中に連れ込まれてしまう。
平穏な日常と隣り合わせの恐怖が読者を不安に、居心地が悪くする。

そしてカレンが見る鮮烈夢の世界の描写
鮮やかで、不思議で、幻想的で、不気味で、懐かしい。
夢の世界は、まさに「夢」としかいいようがない


また、カレン(主人公)が見る夢と、現実世界とがリンクしていそうで、なかなかリンクしなそうで、というもどかしさ


どうなるんだ?どうなるんだ?どうなるんだ?
と、読者をグイグイと惹きつけておいてラストで
うあぁああああああ??!!!

一瞬、何が起こったのか分からず呆然としてしまった。

やられた。参った。
流石としかいいようがない。
うんこ頭じゃ、表現できる語彙がネェ。



ふとした時に、何度も読み返したいと思わせる一冊になった。
 [1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]
home next
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR