忍者ブログ
2018年 08月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
08/19

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

出た!
荻原の近似リアルワールド(こんな言葉は無いが)

彼の古い作品を読んだことがなかった。

画像
荻原 浩
集英社 2001/10
文庫 ( 4087473732 )
[ 価格 ] ¥480
[ 中古 ] ¥1

満足度 : ★★★★★

出版社/著者からの内容紹介
超過疎化にあえぐ日本の秘境・牛穴村が、村おこしのため、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!? 痛快ユーモア小説。第10回小説すばる新人賞受賞作。(解説・池上冬樹)

内容(「BOOK」データベースより)
人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる―。第十回小説すばる新人賞受賞、ユーモア小説の傑作。

いってしまえば「村おこし」の話なんだが、
やはりキャラクタの魅力が最高だ。

さらに、隠し味として「不思議さ」のスパイスが効いている。

その

フィクションだと頭で分かっているのだが、
ついつい「牛穴村」「をネットで探してしまった。

もちろん、実際にはない村なのだが
「実際に無くても、本当はある」と実感する。

それは、かつては存在していたが、
近年盛んに行われている市町村合併によって
今は無くなってしまったものの中にある。

デジカメとロードマップを持って出かけたくなる。
 [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [26]  [25]  [27]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR