忍者ブログ
2018年 06月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
06/18

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミステリ好きなら、誰もが一読しているであろう作品が
詰め込まれていた本格ミステリのアンソロジー。

画像
ロナルド・ノックス
晶文社 1989/01
- ( 4794957971 )
[ 価格 ] ¥ 2,625
[ 中古 ] ¥1,890

満足度 : ★★★★★

フェア・プレイの精神を高々と掲げて、推理小説作法上のルールを規定したものとして今日もなお名高い「ノックスの十戒」は、このアンソロジーの序文として書かれた。
つまり、クリスティ、バロネス・オルツィをはじめとする黄金期の短編14編を精選したこのアンソロジーは、「十戒」のいわば実際編なのである。
─”私の指摘する個所まで読み進んだら、ページを閉じてほしい。解決に必要なデータはすべて、出揃っているはずだ。”(編者より) 推理小説史上に輝く名アンソロジー


小学校の頃は、「エラリー・クイーン」「アガサ・クリスティ」
「エドガー・アラン・ポー」「コナン・ドイル…」「モーリス・ルブラン」と
有名どころしか読んでいなかったので逆に新鮮だった。

初めて読む作品もあれば、
「あー、これ読んだ事あるな」というものもあった。

この本の面白いところは
ノックスの十戒」に基づいた作品が収められてる点だ。

まず、序文からして面白い

いつもなら読まずに本編から読んでしまうのだが、
真剣に読んでしまった。

そして、作品のチョイスが素晴らしい

旨いコーヒーを味わうように楽しめた。


そいや、「ノックスの十戒」を知ったのは、だいぶ後のことで、
虚無への供物」の中だったと思う。

と、気になって本棚から取り出しパラパラ捲ってみたが、
どのページだったか見つけられない!見つけにくい

せっかく出した事だし、また読んでみっかw

しかし、このブックカバー。
見たことねえなと思ったら、岡山の本屋さんだった。

▼移動中に買ったんだっけな…?覚えてねぇ!
2009_04290017.JPG

 [33]  [32]  [31]  [26]  [25]  [27]  [28]  [29]  [30]  [24]  [23]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR