忍者ブログ
2018年 09月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
09/23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女刑事「音道貴子」の一連シリーズとしては5作目。

時系列としては、長編の「」の後になる。

画像
乃南 アサ
新潮社 2006/10
文庫 ( 4101425434 )
[ 価格 ] ¥500
[ 中古 ] ¥1

満足度 : ★★★★☆

内容(「BOOK」データベースより)
レイプ未遂事件発生。被害女性は通報者の男が犯人だと主張。被疑者は羽場昂一―。レイプ事件の捜査に動いていた音道貴子に無線が飛び込んだ。貴子の恋人、昂一が連続レイプ犯?被害者は大手新聞社の女性記者。無実の通報者に罪を着せる彼女の目的とは?都市生活者の心の闇を暴く表題作など、隅田川東署へと異動となった貴子の活躍を描くシリーズ第三弾。傑作短篇四編収録。

「音道貴子」のファンになってしまったからには読まねばな!

今回は、環境も音道自身も変化し、
今までとは少し雰囲気が違って見えた作品だった。


他の作品では、立場が弱く片意地を張り
目いっぱい背伸びをしているよう
に感じられたが、
今回の彼女は、かなり成長している。

課こそ違えど飲みにいける女の同僚もできるわ
キャリア組の年下だが上司の警部補に崇拝されちまう。
あまつさえ、あの滝沢刑事にすら頼られている


周囲のものは何も変わっていないが、
音道が強く(大きく?)成長したことにより
相対的に、弱く(小さく)なったのかもしれない。


音道刑事を応援している読者にとっては、
主人公が幸せになっていくようでニヤリとしたくもなるが、
逆に、普通の刑事ドラマものの小説になってしまった感もある


「音道は、これだけ頑張ってんだから報われてほしい」という
読者が想像するものが作品になったというべきか。



何事もうまくいってくると物足りなく感じ、
かといって殺伐とした内容のままだと消化不良になる。
難しいもんだ。
 [74]  [75]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR