忍者ブログ
2018年 07月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
07/23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、昨日の続き。

まだクリアしたばかりという事もあり、
詳細な攻略内容は、まとめておらんです。

 

やるオプーナを倒した後、
どこへ行ったらいいのか分からない。

「伝説の盾「も入手していない。

そんな状態が小一時間

散々、フィールドや、ダンジョンを彷徨った末に
よううやく隠しスイッチを発見。


後で述べるが、「伝説の盾」を入手していれば、次のエリアに行くためのヒントが得られるのだ。
 
そんな事分かるわけもなく、地道に捜索しまくった。
隠し部屋のスイッチを発見したのは偶然のなにものでもないwww

▼偶然に入り口を発見


ついでに言うと、スイッチを押した後、どこが変化したのか分からずに更に彷徨うことになる

▼怪しい場所だと思っていたが、まさかここだったとは


 

さて、「伝説の盾」入手方法
目からうんこ!

もとい、

目からうろこ!
的な斬新な手法だった。

敵と戦っている際に、気づいた法則。
それがヒントだった。

▼まさかと思ってダメ元でトライ


いやー、気づくまで時間がかかったのは頭が固いからだろなぁ。
脳みそクネクネ体操せな、

▼やべぇ、目から変な汁が出るwww


伝説の盾をGetした事で、ずっと気になっていたフィールドへ向かう。

しぃが、単にNEGIの1つを
守るためにいるはずがない。

その先に隠し通路か何かがあるに違いねぇ!
と思いきや、違った。

しぃがガードしていたのは、モナーだった?

このモナーが、
隠し部屋の入り口のヒントを
教えてくれるのだ。


▼いつもはロクなヒント言わねぇのにな!


 

さて、調子こいてガンガン進んでますが
へたれプレイしか出来ない俺が、順調に進むわけない。


         ____   
       / \  /\ キリッ
.     / (ー)  (ー)\     変えたのは
    /   ⌒(__人__)⌒ \  <ステータスだけだと
    |      |r┬-|    |    思ってんだろ?
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ              
 |    l              \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.    
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))



          ____
        /_ノ  ヽ、_\     <ゲームスピードツール
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o      ミ ミ ミ    スローにしてんだよ
/⌒)⌒)⌒. ::::::⌒(__人__)⌒:::\   /⌒)⌒)⌒)  
| / / /      |r┬-|    | (⌒)/ / / // 
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /  
ヽ    /      `ー'´      ヽ /    /     
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   バ   
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、 ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒)) バ
                             ン



       ___
      /     \
    /        \  < これ…
    /::::::           ヽ   ガチプレイ無理ッス
    |:::::          i   無理ゲーレベルッス
    ヽ:::        __/
    /::::        \
    |:::         _)
    |::::         i
    \___、_____  ノ _)



てことで、卑怯にも程がある手段を用いて先へ先へと進む。

つか、ガチプレイでクリアする人の動画が見てぇよ。

「フィールド」→「ダンジョン」の次は、
また「フィールド」

というより寧ろ、「空」。スカイですよ「スカイ」

▼フィールドというより、スカイ


そしてとどめは
中ボス「ゆっくり」の二人組み。

ゆっくりってレベルじゃねぇwww

▼たしか、このゲームはアクションRPGだったハズ


弾幕の嵐がトラウマになりそうだ。
やだなにこれ怖い。


・魔理沙
 ・ホーミングもどきレーザーを打つ

・霊夢
 ・とにかく玉数が多い


玉数が多すぎて洒落にならんので
霊夢 → 魔理沙 の順に倒した。

・ブレードで3回攻撃
・時々爆弾
 ↓
・魔方陣が現われたら逃げる


普通にプレイしたら「伝説の盾」をMAXまで強化しても勝てる気がしねぇ…
そんなこんなで「ゆっくり」の二人組みを倒した次は
ラストダンジョン

今までの雰囲気とはガラッと変わり、若干ビビる。
迷子になりそうなので、
SS撮りながら真剣にマップを作る。

昨日の記事に書いたやつ。
 原寸サイズは恐ろしくデカい。

今回は攻略内容ではないので、途中は割愛。
ラスダンでも落とし穴には泣いた。

どんどん奥へ進むと、封印された場所があった。
どうやら、過去に倒した3匹のBOSSと再戦せねばならない様子。

▼まずはME


HPが多いのに驚いた。
さすがにラスボスを守るだけはある。

▼次は八頭身(×4)


なるべく複数が被爆するように爆弾を置く。
数が多い分、ハートの弾幕が恐ろしい。

▼最後に選んだのがやるオプーナ。


MEと同じく、基本的に前回と同じようだ。
HPは比べ物にならないほど多いが。
 
ついに来た。

ラスボス。

登場した時は

なんじゃこりゃーー?

と思ったものの、確かに非常に恐ろしい存在である。

ストーリーに触れてしまうので、詳細は割愛!


▼お見せできないのが残念だが、弾幕の嵐



ラスボスに関して一つ言えるのは、
攻撃は最大の防御

逃げまくっていたら、洒落にならんほどの弾に囲まれる。
ガンガン攻撃して、相手に攻撃させる隙をあたえないように。
 

ガチプレイは、自分の実力では不可能であったが、
非常にクォリティの
高いゲームである

事には違いない。

魅力溢れるキャラクター、様々なトラップ、操作性
何よりも、作品に対する
作者の愛が感じられる
ゲームだ。

素晴らしい!ハラショー!(゚Д゚)ノ

ただ、難易度が鬼だがwww
あまりの難易度に評価が分かれそうだ。


姑息な手段を使ったが、
非常に楽しいゲームだった!




そういえば、やるオプーナの面で
変な画面に行く
のだが、あれは何なんだろう?

▼謎を呼ぶ画面


なんだろな?
 もちっと色々やってみよう。
 [187]  [186]  [185]  [184]  [181]  [183]  [182]  [180]  [179]  [178]  [177]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR