忍者ブログ
2018年 07月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
07/23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予約投稿が切れちまってた。

怪談」とくれば、次は「幽談」だ。

とばかりに、読んだ本だった。

これは怪談と違い、怖がらせる為の本ではない。

言葉で表現しずらい一冊だ。

画像
京極 夏彦
メディアファクトリー 2008/07/16
ハードカバー ( 484012373X )
[ 価格 ] ¥1,449
[ 中古 ] ¥850

満足度 : ★★★☆☆

内容紹介
八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地! 怪談専門誌『幽』の連載が、ついに単行本化! ああ、手首だと、私は思ったものである。切断された手首だとは思わなかった。誰の手首だろうとも思わなかった。ただ、手首だと思った。何故かは解らない。もしかしたら体温があったからかもしれない。ひんやりとした、女の体温。――「手首を拾う」より。怪談専門誌『幽』の連載が、ついに単行本化。八つの幽談を描いた、京極夏彦の別天地。

なんとも言えず、つかみどころのない作品だった。

正直に言うと、どうも曖昧なのだ。


霞のような、夢のような、
それでいて確かに自分の中で感じた怖れ。


そう、
小さい頃に感じた漠然とした不安や恐怖だ。



以下、収録作品。
  • 手首を拾う
  • ともだち
  • 下の人
  • 成人
  • 逃げよう
  • 十万年
  • 知らないこと
  • 怖いもの

一番目に収録されている「手首を拾う」は、
最も首を捻ってしまった作品だ。

「へぇー。だから何だ?」という言葉しか思いつかない。
どう深読みしたらいいんだろうなぁ。



逆に、最も印象に残ったのは「逃げよう」だ。
小さい頃は、こういう漠然とした怖れがあるものだ。

「●●したら勝ち、▲▲したら負け」
「■■したら良い事がある。◆◆だったら悪いことがある」

などと、どんなものであれ自由に条件を設定するものだ。


「●●すれば大丈夫。◆◆まで逃げたら大丈夫」
と、この主人公もそうだった。

この嫌なゾワァーとする感覚が、なんともいえない。



他にも、ゾワっとするもの、グロテスクで不気味なもの、
幻想的なもの、なるほどなーというものと様々だが、
全ての作品において、どこか掴みどころがなく、
漂っている雰囲気を文章にしたような作品
ばかりだ。


この曖昧模糊な感じが
人を不安にさせ居心地悪くさせるという面白い本だ。
 [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [88]  [89]  [87]  [86]  [85]  [84]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR