忍者ブログ
2018年 02月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28

 
◆[ブログパーツ] 2chの名言・格言的


≫Download &
  取り説ページ


取説
≫Download & 
≫取り説ページ
◆[携帯待ち受け]和時間
 
2018
02/22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

短編集なのでサクサク読めるのだが、どの作品を見ても
「読み応えがあったー」という一冊だった。

この一冊には10編の作品が収録されており、
「昔話」の独特の雰囲気を纏っているようだった。

画像
シオドア・スタージョン , 他
河出書房新社 2003/12/22
単行本 ( 4309621821 )
[ 価格 ] ¥1,995
[ 中古 ] ¥700

満足度 : ★★★★★

内容(「BOOK」データベースより)
ちゃんと働いて給料をもらい、だれにも憎まれず、それを言うならだれにも好かれない。どこにでもいるそういう平凡な人間に不思議のひと触れが加わると…?表題作をはじめ、円盤は女になにを話したか?…魅力の結晶「孤独の円盤」、ベスト級のホラー「もうひとりのシーリア」、名高き「雷と薔薇」、少年もの代表作「影よ、影よ、影の国」、単行本初収録の「裏庭の神様」「ぶわん・ばっ!」、さらに幻のデビュー作「高額保険」ほか本邦初紹介の3篇を含む、全10篇を収録。

以下、収録作品。
  • 高額保険
  • もうひとりのシーリア
  • 影よ、影よ、影の国
  • 裏庭の神様
  • 不思議のひと触れ
  • ぶわん・ばっ!
  • タンディの物語
  • 閉所愛好症
  • 雷と薔薇
  • 孤独の円盤
こういう雰囲気の作品ってのは、なかなか無いような気がする。

ジャンル的には、SFになるらしいが、一言では済ませられない。
「昔話の現代版」もしくは「昔話チックなSF」とでも言んだろうか?
おかしな日本語だなw



なんつーんだろなぁ。

小さい時に聞いたり、読んだりした

寝る前にふと思い出し、続きが気になる
  「不思議な話」

夜中に目が覚めた時に思い出す
  「怖い話」


そんな感じの作品が多いのだ。



同じ作者なのだが、1つ1つの作品が奇想天外で、
まるで別の人、別の時代、別の地域で生まれた話のようだ。



この手の本は、枕元に置き
ウトウトとまどろみながら読みたい。


こりゃ、他の作品も、読みたいもんだ。
 [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [74]  [75]
prev home next
コメントを書く
Name:
タイトル:
文字色:
Mail:
URL:
コメント:
Pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
title
http://levelb.blog.shinobi.jp/      色々とB級なBlog
プロフ画像
  ◆ブログ内検索

Hyo's Bookshelf
愛読書

読書中と今後読みたい本



Template & Material by Level B * 五十音 表



忍者ブログ [PR]
PR